クラウドの勤怠管理ソフトを使って業務削減

###Site Name###

勤怠管理システムを構築するためには、大掛かりな環境とコストが必要でした。

自社で独自のサーバーを持てばメンテナンスが必要になります。

勤怠管理ソフト情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

店舗や事業所が複数ある場合には、VPN(仮装施設通信網)を用意してネットワーク回線を持つ必要があるなど、拠点の数が増えるだけ管理コストが大掛かりになってしまいました。


システム化で一元管理しようとしてもうまくいかずに、昔ながらのタイムカードによる打刻を行う会社もあります。


これならばコストはかかりませんが、紙を用意する手間、カードの情報を入力しなおす作業、集計、保管、管理、など作業にたくさんの時間がかかってしまいます。
それに比べると、クラウドの勤怠管理ソフトは、インターネットを活用して使えるので、独自のネットワークや回線を持つ必要がなくなります。

管理サーバーも必要ありません。

あなたに合った条件で47NEWSの情報サイトはこちらです。

認証端末からデータが送られれば、リアルタイムで自動記録されて集計されるので、手間がかかりません。
集計結果を給与管理ソフトと連携させれば、まとめて給与計算まで行うことができます。勤怠管理ソフトのなかには、生体認証や指静脈、指紋を使った認証方法もあります。

交通系のICカードや、スマートフォンや携帯電話を認証端末として使うことができるので、不正入力を防ぐこともできます。



外出先から入力可能なので、営業などの業種でも問題なく使えます。

勤怠管理ソフトを使って、今までの管理の手間を削減させると良いでしょう。